大井(大井浦)

おおい

 大井川の河口部、鵜山岬と串山崎に囲まれた小さな湾に臨む港町。中世、長門国阿武郡の中心的地域であった大井郷の港湾として栄えた。河口部から約五キロほど遡った場所には現在でも「市場」や「領家」の地名が残っており、港町・大井は日本海と大井郷とを結ぶ外港として機能したとみられる。

益田氏と水運

 文明十年(1478)十一月、益田貞兼は応仁・文明の乱の論功行賞で大井浦百貫の知行を得ており、以後、大内氏滅亡まで益田氏は大井浦を継続して知行している。同氏は博多近辺や見島にも所領を持って水運活動を展開していたとされ、大井浦もまた、同氏水運の拠点に位置づけられたものと思われる。

吉見氏の支配

 その後、毛利氏が大内領を吸収すると、大井を含む阿武郡は吉見氏の支配地域となる。同氏は大井浦を重視しており、関が原合戦後、広頼はの指月山から大井浦串山に移り、隠居地としている。

船頭の活動

 元亀四年(1573)八月、大井八幡宮に参詣した吉見広頼は大井浦に立ち寄った。浦人から話を聞いたところ、彼らは疫神および荒神社の大木を伐って大歳丸、疫神丸という船を建造したこと、当浦には松浦、三井の両船頭がいることを話したという。この内、三井氏は天文二十四年(1555)、弥左衛門尉が八反帆の船一艘を石見温泉津に置いて大内氏のために働いたので諸浦への堪過を認められており、後に吉見氏に属して大井郷で屋敷地などを得ている。

神社・寺院

  • 大井八幡宮

人物

  • 三井弥左衛門尉
  • 吉見広頼

城郭

  • 串山城

参考文献

  • 『萩市史 2』 1989