糸賀 藤棟

いとが ふじむね

 戦国期の厳島神主家の被官。中務丞。 廿日市に近接する宮内などに所領を持ち、新堤築造などの開発事業にも携わった。

大内氏との合戦で活躍

 大永四年(1524)、厳島神主・友田興藤に従って大内氏と戦っており、『棚守房顕覚書』に桜尾城篭城戦の際に高名をあげた者として「絲賀中務丞(藤棟)、舎弟平左衛門尉(宣棟)」がみえる。

新堤を築造

  天文十四年(1545)四月、藤棟は興藤滅亡後に大内氏によって厳島神主とされた佐伯景教(杉隆真)から佐西郡平良庄内の「廿日市洲賀後新堤之内」を給与されている。堤の内の給与は、私財を投下して新堤を築造したことに対する褒賞とみられる。藤棟が相当の財力を持ち、かつ新堤築造を行い得る技術、及び技術者を擁していたことがうかがえる。

 藤棟の弟の宣棟は廿日市で「浮口」を徴収するなど厳島神主家の経済政策に関わっており、藤棟が投下した資本や技術者も糸賀氏の経済活動に関わるものであるのかもしれない。

毛利氏に従う

  天文二十三年(1554)、毛利氏が大内氏(陶氏)に叛旗を翻して廿日市や厳島など佐西郡を占領した際には宣藤と同じく毛利氏に従ったとみられる。このためか天文二十四年四月、厳島の大願寺円海から、宮内などにあった大願寺の買得田の管理(年貢の神納)を依頼されている。

関連人物

その他の関連項目

参考文献

  • 『廿日市町史 資料編Ⅰ』 1979
  • 秋山伸隆 「室町・戦国期における安芸・石見交通」 (『史学研究』218 1997)