冷泉 隆豊

れいぜい たかとよ

 大内家臣。元豊、元満の父。冷泉興豊の子と推測される。五郎、左衛門尉、大夫判官。初め隆祐と名乗った。

大寧寺の大内義隆終焉の地と伝えられる場所に並ぶ宝篋印塔群。手前の宝篋印塔は冷泉隆豊の墓と伝えらえる。
大寧寺の大内義隆終焉の地と伝えられる場所に並ぶ宝篋印塔群。手前の宝篋印塔は冷泉隆豊の墓と伝えらえる。

安芸武田氏との戦い

 安芸国では大永二年(1522)頃から大内氏と安芸武田氏との抗争が激化していた。そんな中、大永七年(1527)三月から五月にかけて、冷泉五郎隆祐(後の隆豊)は安芸国沿岸部の武田方の拠点である仁保島城と府中城(国府城)を攻撃。隆祐郎党らが多数負傷したことを野田興方が報告している(「冷泉家文書」)。仁保島は当時は広島湾に浮かぶ独立した島であることから、隆祐は水軍を率いていたものと思われる。大内方の攻撃の結果、仁保島城の白井膳胤らは寝返った。しかし白井備中守が篭る府中城は享禄元年(1528)七月に至っても抵抗を続けている。

 天文四年(1535)七月、冷泉左衛門尉隆豊に大内義隆から長門国大津郡日置荘兼行保三十石の知行が宛行われた(「冷泉家文書」) 。この時点では隆祐から隆豊に名乗りを変えている。「隆」は大内義隆からの偏諱で、「豊」は冷泉興豊家の通字とみられる。

 天文十年(1541)五月、安芸武田氏の本拠・佐東金山城が陥落。安芸武田氏は滅亡した。同年に隆豊は金山城督となっており(「策彦入明記」天文十年九月一日条)、戦後処理や地域行政を担当したものと思われる。

出雲遠征

 天文十一年(1542)、大内義隆の出雲遠征が始まる。九月五日、出雲国中海に浮かぶ大根島で隆豊の部隊は尼子方と交戦。複数の首級を挙げる活躍により義隆から感状を得ている(「冷泉家文書」)。同日の合戦には安芸国仁保島の白井房胤の部隊も参加しており、隆豊同様の戦果を挙げている(「岩瀬文庫所蔵文書」)。

 しかし結局尼子氏の本拠地・富田城は落ちなかった。翌天文十二年五月、大内軍は出雲国から退却。大内義隆の養子、晴持が死亡するなど尼子方に大敗した。

瀬戸内海での戦い

 出雲遠征後間もない天文十二年十二月二十三日、「与州表」で海戦があり、呉衆山本房勝の戦功を隆豊が注進している(「萩藩閥閲録」山本宇兵衛)。隆豊は大内氏の上層家臣として房勝ら警固衆を指揮する立場にあったと推定される。

 その後も隆豊の指揮のもと伊予海域への軍事行動が展開された。天文十五年(1546)二月十六日、白井房胤が伊予国平智島を攻撃し(「成簣堂文庫所蔵文書白井文書」)、同年八月十五日には光井兼種や能美四郎が能島村上氏の拠点・伊予国中途島を攻めている(「大内家御判物并奉書写 安富恕兵衛」「山野井文書」)。中途島では翌天文十六年五月八日にも白井房胤が攻撃を加えている(「岩瀬文庫所蔵文書」)。隆豊はこれら各将の戦功を大内氏奉行人に注進している。

 なお伊予国中途島に拠っていたのは村上義益ら能島村上氏の反大内勢力であったとみられる。彼らは本拠能島を追われながらも、抵抗を続けていた。年未詳九月、隆豊は村上右衛門大夫(来島村上氏か)に対し、「中途衆」による周防国沿岸部への賊船行為を停止させるよう要請している。

御供衆となる

 天文年間、隆豊は大内義隆の推挙で将軍の「御供衆」となった。御供衆は奉公衆よりも一つ格上の将軍側近集団とされる。隆豊の父冷泉興豊が加賀に所領を持つ奉公衆・大内氏にルーツを持っていたことと関係があるのかもしれない。

大寧寺の変

 天文二十年(1551)八月から九月にかけて起こった大寧寺の変では、大内義隆に従った。義隆一行は長門国瀬戸崎から船で脱出しようとしたが、風が悪く断念。同国大寧寺に移った義隆はここで切腹した。隆豊も同寺で切腹あるいは討死したという(「萩藩閥閲録102-2)。享年は39歳と伝えられる。

隆豊の文芸活動

 天文六年(1537)十月、大内義隆は筑前国筥崎宮に和歌を奉納している。この時の奉納和歌懐紙には、義隆と「正四位下行右中弁藤原朝臣惟房」(万里小路惟房)、「参議正三位藤原朝臣基規」(持明院基規)につづき「従五位下左衛門少尉多々良朝臣隆豊」(冷泉隆豊)の和歌が載せられている。隆豊の後には楽人の大神景範、大内氏被官の平賀隆宗、源興宗らが和歌を詠んでいる。彼らは筥崎宮に詣でて和歌を奉納したものと思われる。

Photos

大寧寺経蔵跡。冷泉隆豊が奮闘の末に自害した場所と伝えられる。 山口県岩国市周東町祖生の冷泉氏館跡。築城年代は不明だが、冷泉隆豊の館との伝承を残す。 吉海町の亀老山展望台から眺めた来島海峡。画面中心の小島が中途城が築かれた中渡島。大内方の水軍は隆豊指揮の元、中途島への攻撃を繰り返した。

関連人物

  • 冷泉興豊:隆豊の父か。
  • 冷泉元豊:隆豊の子。
  • 冷泉元満:隆豊の子。
  • 吉安豊英:隆豊の弟。
  • 黒川隆像:大寧寺の変で、隆豊と同じく大内義隆に従い、長門国大寧寺で討死した。
  • 麻生隆春:大内家臣。土佐守。隆豊の後、佐東金山城督となった。

その他の関連項目

  • 冷泉氏館

参考文献

  • 須田牧子 「加賀の大内氏について」(山口県地方史研究会・編 『山口県地方史研究 第99号』 2008)
  • 中司健一 「大内氏当主側近層の形成と展開」(鹿毛敏夫・編 『大内と大友−中世西日本の二大大名−』 勉誠出版 2013)
  • 川添昭二 「太宰大弐大内義隆」(『中世九州の政治・文化史』 海鳥社 2003)
  • 『安芸府中町史 資料編』 1977
  • 『愛媛県史 資料編 古代・中世』 1983