来島村上氏

くるしま むらかみ し

 伊予国高縄半島と大島の間(来島海峡)に浮かぶ小さな島・来島を本拠とした海賊衆。戦国期、瀬戸内海で能島村上氏とならぶ実力と勢力を誇った。

糸山公園付近の大潮荘から眺めた来島城跡。
糸山公園付近の大潮荘から眺めた来島城跡。

 能島や因島の同族と比べて河野氏の影響力が大きく、同氏の重臣的な立場にもあった。

  河野氏や毛利氏にとっては味方水軍の主力の一角を担う重要な存在であったが、織田氏との戦争の中で天正十年(1582)に織田方に転向。この裏切りに激怒した毛利・河野両氏の猛攻を受けて一時は滅亡寸前まで追い詰められる。その後、豊臣政権下では勢力を拡大し、村上諸氏の中で唯一、江戸期に大名家として存続することになる。

Photos

当主

  • 村上通康
  • 村上通総
  • 村上康通

一門

家臣団

  • 下嶋親忠 
  • 桧垣長兵衛
  • 桧垣孫兵衛尉
  • 二神種則
  • 原興生

居館・城郭

  • 来島城:来島海峡の小島を城郭化した海城。来島村上氏の本城。
  • 甘崎城:大三島東岸沖の海城。城主は村上吉継
  • 鹿島城:愛媛県北条市の小島である鹿島を城郭化した海城。城主は得居通幸。
  • 葛篭屑城:堀江の城。