能美 宣仍

のうみ のぶより

 毛利家臣。宣通の子。嘉次、時経らの父。幼名は亀千代丸。弥四郎、内蔵丞、筑後守。生年は享年から逆算して天文十七年(1548)か。

父の跡を継ぐ

 永禄十年(1567)五月、毛利輝元の加冠により元服。同月に父宣通が知行していた周防国吉敷郡宮野庄(現在の山口市北部)の十五石および山口屋敷二ヶ所の継承を認められた。その後天正十六年(1588)六月、長門国大津郡日置庄(山口県長門市)の内の二十七石余りを給付されている。天正十九年(1591)の「毛利氏八箇国御時代分限帳」にも、長門大津に能美内蔵尉(宣仍)の給地がみえる。

検地の実施

 毛利輝元が、検地を行った宣仍を労った書状が残されている。毛利家中では吏僚的役割を担っていたのかもしれない。また長門国阿武郡の給地打渡し等について、佐世元嘉らから指示を受けている。柳沢元政と共に何らかの任務にあたったこともあったらしい。

家を分ける

 毛利氏の周防・長門二国への減封後の慶長十六年(1611)四月時点で、宣仍の給地は二百石となっていた。宣仍はこのうち四十五石と三十石をそれぞれ子の嘉次と時経に分け与え、自身の石高を百二十五石とした。本家である宣仍の跡は、後に孫の元古(嘉次の嫡子だった)が継いだ。

 元和九年(1623)五月十二日死去。享年七十五歳。

Photos

関連人物

  • 能美宣通:宣仍の父。
  • 能美嘉次:宣仍の長男。
  • 能美時経:宣仍の次男。
  • 能美元古:嘉次の子。宣仍の孫。宣仍の跡を継いだ。
  • 柳沢元政:毛利家臣。元は足利義輝、義昭ら足利将軍家に仕えていた。

その他の関連項目

参考文献