荒谷 彦二郎

あらたに ひこじろう

 竹原小早川家臣。 小早川弘平に仕えた。

新参の家臣

 小早川弘平の父弘景の置文によれば、荒谷氏は弘景の時代に出仕した「足洗」(身分の低い家臣)であったらしい。

主家への経済支援

 永正二年(1505)十月三日付で小早川弘平が荒谷彦二郎に宛てて書状を発している(「小早川弘平預ヶ状写」)。これによれば、彦二郎は小早川弘平の要請に応じて銭十貫と米三十俵を調達。その返済として三津村太郎丸名の半分の給付を受けた。三津村太郎丸名は三津村の中でも市場や港に近い場所であったとみられる。主家を経済的に支える財力は、彦二郎自身が商業や金融業に関わっていたことをうかがわせる。

Photos

関連人物

  • 小早川弘平

その他の関連項目

参考文献

  • 能島正美 『安芸津町史 通史編 第3章 古代・中世の安芸津のあゆみ』 2011 広島県東広島市