能登釜

のとがま

 能登国七尾北湾の要港・中居で生産された鉄釜。すでに平安後期の康和二年(1100)、能登国の当年分の封戸代として石納釜一口が徴収されており、同時代の『堤中納言物語』には「けぶりが崎に鋳るなる能登がなへ(鼎)』とみえる。

  室町期の『新猿楽記』や『庭訓往来』に名産品として『能登釜」がみえ、全国的な製品ブランドを得ていることがうかがえる。中居の鋳物師は禁裏御用の格式を持ち、永禄四年(1561)の正親町天皇の即位に際しては祝儀を進納するなど畿内、京都と関係が深く、能登釜が中居から海路で畿内に運ばれて販売されていたことも考えられる。

  また能登の海浜では古くから製塩が盛んであり、鹿島郡熊来荘(現・中島町)や珠々郡若山荘(現・珠洲市)で塩釜や塩浜が確認されるように、その製法は揚浜式塩田を用いたものであった。中居の能登釜はこの製塩用の鉄釜として用いられていたとみられ、能登国内でも製塩産業を支える重要な製品として需要が高かったと思われる。

市場・積出港

参考文献

  • 東四柳史明「日本海交通の拠点 能登」(網野善彦、石井進・編『中世の風景をよむ 6 内海を躍動する海の民』) 新人物往来射 1995