水落

みずおち

 越前を南北に貫く「海道」(北国街道)沿いに位置し、中世、陸運の拠点として栄えた宿場町。町内に水落神明社があり、その門前町的性格も持っていたとみられる。

陸運の拠点

 延徳三年(1491)の「冷泉為広卿越後下向記」には「水オチ 里・野 杜神明、馬市」とある。水落には当時、馬市が立っていたことが分かるが、これは陸運の拠点としての水落の性格を反映しているものと思われる。

 天正十一年(1583)五月の「水落町かすや等連署証文」に「水落馬借之儀」とあり、永享五年(1433)六月一日の「某寄進状」に「南ハ車屋ヨリ」とあるように、街道の要所である水落には馬借や車借など陸運業者も居住していた。

 天正十一年(1583)五月二十五日の「堤有誠書下状」にも「当町馬借ナラビニ市之儀」とあり、水落の活況がうかがえる。

町衆

  繁栄にともない、水落では町衆が組織され町の運営にあたっていた。町衆は神明社の「をこない(行)」や、「やま(山車)」などの祭礼も取り仕切っていた。これらの中止を決定した町衆に対し、朝倉氏がその撤回を求めたこともある。

 また大永元年(1521)、水落の祝権大夫が朝倉氏の代官・小島景増に、浅水川に架ける「金橋」建設のための出銭の免除を訴えて、認められている。これは、出銭を命じられた水落町衆が、町内での出銭配分を取り決めた際、神明社の祝屋敷にも割り当てたためで、朝倉氏の町支配も町衆を介して行われたたこと分かる。

神社・寺院

  • 神明社

人物

  • 祝権大夫
  • 神主神九郎左衛門尉

その他の関連項目

参考文献

  • 小泉義博 「第五章 中世後期の経済と都市 第一節 産業・交通の発展 二 交通路の発達と市・町の形成」( 『福井県史 通史編2』 1995)
  • 小泉義博 「中世越前国における北陸道」 (『日本海地域史研究第三輯』) 1981