地毘本郷

じびほんごう

 備後国北部の恵蘇郡のほぼ全域を占めた荘園・地毘荘の中心地。中世、備後の有力国人・山内(首藤)氏の本拠として栄えた。

山内氏の居城・甲山城の膝下に広がる田園。
山内氏の居城・甲山城の膝下に広がる田園。

首藤山内氏

 地毘荘は元来、京都の蓮華王院などが領家として治めていた。鎌倉期に入り、承久三年(1221)に相模山内荘の武士である山内氏が地毘荘の地頭職を得る。延慶元年(1308)には、山内通資が蓮華王院から地毘荘本郷の年貢徴収を請け負うにいたる。いわゆる地頭請を成立させた通資ら山内氏惣領家は、正和五年(1316)に相模から地毘荘北部の新市に移住し、その後、南下して本郷の甲山城を居城と定めた(『芸藩通志』)。

地毘荘本郷の市場

 地毘荘本郷の年貢徴収を請け負った山内通資は、毎年銭四十五貫文を請料として京都の領家・蓮華王院に送金することを契約している。このことから、当時の地毘荘本郷には既に年貢の米を売却して銭に換金できる市が成立していたことが推定されている。

 実際、延文五年(1360)の「滑円鏡譲状案」には、地毘荘本郷の地名として「いちはらの新三日いち」がみえており、本郷における市の存在を示している。そのほかにも本郷には地名として畦ノ市、多穂ノ市があり、かつての市の存在が推測されている。

備中伯耆路(旧国道183号線)の緩い坂道沿いにある三日市の町並み。現在の三日市は近世に栄えたが、中世文書にみえる「いちはらの新三日いち」も、この三日市付近と推定されている。
備中伯耆路(旧国道183号線)の緩い坂道沿いにある三日市の町並み。

地毘荘本郷の産業

 紺屋という地名もあり、紺屋(染物屋)などの手工業者も存在したことがうかがえる。

 備北で産出されるを生かした鍛冶も盛んであり、文和四年(1355)の「山内妙通譲状」に「高山門田内丑寅社鋳屋」とあり、延文四年(1359)の文書にも「鋳物屋御堂」の記述がみえる。甲山山麓からは、鍛冶の工程でできる鉄滓(通称かなくそ)も出てきている。

山内氏時代の繁栄

 江戸期に編纂された『芸藩通志』の本郷村の項には、「村内に畦市といへる所あり、昔、首藤氏、甲山城居のころ、二百余戸の市聚ありしと云」とみえる。山内氏全盛期の本郷の繁栄が、長く語り継がれていたことがうかがえる。

Photos

甲山城の南麓から眺めた本郷の風景。 本郷町南土居付近から甲山城跡を望む。甲山城中腹の円通寺の本堂。天文年間に山内直通が再建したという。国指定重要文化財。 甲山城南麓にある艮神社の社殿。 三日市の町並み2 三日市の町並み3

神社・寺院

  • 艮神社
  • 円通寺

人物

  • 山内通資:「備後山内首藤氏系図」で甲山一世とされ、「関より備後州恵蘇郡地毘七郷に下向し」とある。

商品

城郭

  • 甲山城

その他の関連項目

参考文献

  • 庄原市史編纂委員会・編『庄原市の歴史 通史編』 2005