二間津(二名津)

ふたまつ

 豊予海峡に突出した細長い佐多岬半島の北側に湾入した小さな入江に臨む港町。豊後-伊予間航路の難所である 「速吸の瀬戸」(佐多岬と豊後の海峡部)を通過する際の伊予側の寄港地、停泊地として利用されたと思われる。

 天正十六年(1588 )、鹿児島を発して上洛する島津義弘は、豊後「ほと崎」(保戸島)から潮の様子をみて、一気に難所である速吸瀬戸を横断して「ふたまと」(二間津)に着船している。16世紀、豊後大友氏のもとでその本拠・府内を中心とした地域が発展し、豊予海峡を横断する豊後-伊予間航路が活性化する中で、速吸瀬戸通過のための寄港地、停泊地として重要性が増したものとみられる。

参考文献

  • 山内譲 『中世瀬戸内の旅人たち』 吉川弘文館 2004